関西ゴルフサークル セブンエイトの「tuwamono ツワモノ」倶楽部チャンピオンのインタビューページのタイトルVol.1

ゴルフサークル「Seven Eight セブンエイト」の「tuwamono ツワモノ」第1回のインタビュー大西均さんのページタイトル写真

瑞穂ゴルフ倶楽部

大西 均

2017年倶楽部選手権獲得
2018~2020年シニア選手権獲得

2022年 12月9日(金) 瑞穂ゴルフ倶楽部・大西 均さんに第1回 TUWAMONOインタビューをさせていただきました。2016年に瑞穂ゴルフ倶楽部に入会、2017年から2022年の間に、理事長杯、キャプテン杯、開場記念杯、倶楽部選手権1回とランナースアップ1回、シニア選手権3連覇とランナースアップ2回と言う素晴らしい賞歴をお持ちの大西さんにゴルフについて語っていただきました。


●ゴルフを始められたのは?

23~24歳の頃、義兄にアイアンセットを貰ったのがきっかけです。野球と違い練習が一人で出来て、遠くに飛ばせる事が面白くて、社会人野球のシーズンオフによく練習場に行きました。コースデビューは、職場の先輩に連れて行ってもらった名神栗東カントリー倶楽部で27ホール回りました。その最後のハーフで50を切れたので先輩達が驚いていたのを今でも覚えています。

義兄から貰ったアイアンセット

インタビューに答える関西ゴルフサークル セブンエイトの大西均さん

●夢中になった切っ掛けは?

若い頃は経済的にも時間的にも余裕がなくて年数回のゴルフでしたが、40歳の頃に友人に勧められて大津カントリー倶楽部に入会してから少しラウンド回数が増えてきた事がきっかけかなと思います。始めて貰ったクラブハンデが14だったと思いますが、Aクラスの月例会に参加できて、いろんな方と知り合いになり楽しくラウンドしておりました。有志の研修会(ゴルフ場の正式な研修会では無い)にも参加して、月2回程度のゴルフを楽しんでました。

●シングルプレイヤーになられたのは?

大津カントリー倶楽部時代です。友人のグループで楽しくラウンドしていましたが、シングルさんも多いグループだったので自然と揉まれていたように思います。その中でいつの間にか私もシングルになれていました。

シングルプレイヤーになった頃を思い出しながら語る大西均さん

インタビューに答える関西ゴルフサークル セブンエイトの大西均さん

●競技ゴルフを始めたのは?

競技ゴルフに熱心になったのは、子供の少年野球、中学の硬式野球クラブのコーチ役も終わり、高校も卒業して手が離れたタイミングで職場の同僚が会員だった瑞穂ゴルフ倶楽部に入会した50代後半からですね。瑞穂ゴルフ倶楽部の月例会に参加していく中で、上手なメンバーさんと仲良くなるにつれ、刺激を受けて競技に積極的に参加するようになりました。

●一番大切と思う練習は?

大切な練習は、現場での実践と思います。失敗して何がダメだったのか考え、練習を重ね克服して成功体験を積み重ねるのが大事で自信に繋がります。出来れば上手な方とラウンドして、感じた事を自分なりに練習場で取り組むことがレベルアップに繋がると思います。特にショートゲームの練習には時間を割いています。

●最近の練習のポイントは?

若い時代のように多くの玉を打つ練習は出来ません。体調に合わせながら課題の修正に取り組んでいます。課題はその都度出てきますが、ショートゲームの精度と飛距離の低下をどうすれば補えるかを意識して練習しています。特に筋トレなどトレーニングはしていませんし、年齢とともに飛距離が落ちているのは実感しています。何とか人について行けるよう、どのクラブでもしっかり左に振り切ることを意識しています。

●2017年から2022年のゴルフについて?

瑞穂ゴルフ倶楽部に入会して競技でも結果も出てきた2017年からは、クラブ対抗にも選出され多くの経験を重ねる事が出来ました。そんな中、自分にプレッシャーをかけ過ぎたのか2020年のシニア選手権優勝の直後から突然ドライバーイップスになり、全くゴルフにならない状態になってしまいました。練習場でも全くクラブを降ろせなく、アイアンにまで症状が現れたのには参りました。トップの位置を極端に浅くなど試行錯誤して徐々に振れるようになってきましたが、現在も少し違和感は残っています。

パッティングする大西均さん

インタビューに答える関西ゴルフサークル セブンエイトの大西均さん

●素晴らしいゴルファーとは?

素晴らしいと思えるゴルファー像は、周りの見える気配りが出来る方でしょうね。ハンディ0の方で、ご自身の立ち位置も理解された上で、後進の指導も熱心で、常に色々なところに気配りの出来る素晴らしい方が居られます。私はまだまだ未熟ですが、残り少ないゴルフ人生で目指していきたいです。

●セブンエイトの印象は?

セブンエイトと湯浅さんには、ゴルフを通じた交流であったり、人を楽しませる喜びを深く感じています。また、通常はビジターでは回れないバックティーからのゴルフを楽しめる貴重な機会としてありがたく思っています。メンバーの皆さんもゴルフを楽しみつつ、真摯にゴルフに向き合っておられるので良い刺激をいただいています。運営される湯浅さんにはただただ感謝の気持ちで一杯です。出来るだけ永くこの会が続く事を願っております。

インタビューに答える大西均さん

●最後に今年の目標は?

私のゴルフは遊びの延長で、競技ゴルファーとはとても言えないレベルであると自覚しています。ゴルフが好きで、親しい仲間とワイワイ言いながら楽しく回る事が多いです。あと何年楽しいゴルフが出来るかを最近特に意識しているのですが、もう少し頑張ってみて、今より少しでも上手くなれる事を信じて日々取り組んでいます。湯浅さんには、私も忘れていた過去を振り返る機会をいただき感謝申し上げます。

今年の目標は、「競技を志すゴルファーでありたい」とします。目標を高く持ち、結果を出して、皆さんから認められるゴルファーを目指します。

瑞穂ゴルフ倶楽部 倶楽部競技
日時 タイトル
2017/06/11 理事長杯 獲得
2017/11/05 倶楽部選手権 獲得
2018/09/25 シニア選手権 獲得
2019/08/11 キャプテン杯 獲得
2019/09/22 シニア選手権 獲得
2020/09/27 シニア選手権 獲得
2022/08/28 開場記念杯 獲得

ご質問は、Contact Pageからお願いいたします。

Contact page