2023セブンエイトロゴ

田中 剛さん強運の出来事

hole-in-one 3 times

セブンエイトメンバーの田中 剛さんが、2021年9月4日に京都ゴルフ倶楽部 上賀茂コース・OUTの9番・160ヤードを見事ホールインワンされました。田中さんは倶楽部選手権を2度獲得されている方なので、ホールインワンも驚きはしないところですが、今回はちょっと違います。なんと直近1年6ヶ月の間に3回ホールインワンされました。2020年2月27日に鳴尾ゴルフ倶楽部、2020年7月19日にタラオカントリークラブと続き、今回3回目となりました。その3回目となった京都ゴルフ倶楽部 上賀茂コースで取材撮影を兼ねたラウンドをご一緒させていただきましたので、いろいろ聞いてみました。


パターをする田中さん

撮影協力 クリックアイコン 京都ゴルフ倶楽部 上賀茂コース

仲の良い友が・・えっ !! ・・入った? と同伴者がざわつき !!・・Wowでした。

今回の出来事のはじまりは2020年2月27日、鳴尾ゴルフ倶楽部。IN・12番・162Y・ゼクシオハイブリッド5番のショットはピンに重なりました。ワンバウンドした事は確認できたが、同伴者の友達が入ったかも知れないと言うと一挙にティグランドは騒がしくなりました。ワクワクしながらカップを覗くと入っていました、と語る田中さん。その後さらに驚きの続きがあって、この時の同伴された女性2名もその後のラウンドでホールインワンをされたらしく、3名がホールインワンする事も驚きですね。

鳴尾ゴルフ倶楽部のホールインワンを語る田中さん

鳴尾ゴルフ倶楽部のホールインワンを語る

あっ !! バンカー ? と思ったショットが、エッジにワンバウンド・・2度目のWow !
京都ゴルフ倶楽部・9番ホールの田中さん

2度目の快挙 !! ミスショット?ラッキーショット?

続けて2度目のホールインワンは田中さんのホームコースのタラオカントリークラブ・東コース。IN・ 11番・174Y・ PING・ハイブリッド4番。ショットはハーフトップでバンカー方向へ・・心の中で「アッ !! バンカーか !! 越えろ〜!!」と内なる声で叫ぶと、その願いが届きます。エッジから12Yのカップに入るのがハッキリ見えたそうです。ホールインワンを狙うなら、ダフリよりもトップボール !! 狙うのはグリーンセンター !! と笑顔で語る田中さん。

メンバーになったコースの初ラウンドで !! もうピンを狙うしかない場面からの快挙 !!

さて3度目のホールインワンは2021年9月4日、京都ゴルフ倶楽部・上賀茂コースでした。このコースのメンバーになられて初ラウンドで起こりました。OUT・9番・160Y・ゼクシオハイブリッド6番のショットです。この日、INからスタートした田中さんは仲良き友との勝負に負けていて、まさにその日の最終ホールになった9番ホールです。「もう狙うしかない !! ホールインワンしかない !! 」と自身に言い聞かせて放ったショットは完璧で、グリーン右エッジから15Yのカップに入るのです。最後に田中さんに質問しました。「ホールインワンに何が必要?」の質問に、笑顔で「偶然ですよ」でした。

京都ゴルフ倶楽部の貴賓室で支配人と田中さんのツーショット写真

今回の取材撮影にご協力いただきました、京都ゴルフ倶楽部 上賀茂コース 支配人の藤田様 ありがとうございました。


18ヶ月の間に3回あったと言うことは4回目もあるかも ? 次回のコンペも、楽しみにしています !!

田中さんのゴルフ歴は52年。19歳ではじめたゴルフから23年後、1992年10月24日、フェニックスカントリークラブ・日南コース・3番ホールではじめてのホールインワンをされました。下記に掲載した証明書とボールの色がその歴史を語ってくれています。はじめてのホールインワンしたボールは、ロイヤルマックスフライ・BARATA(1986~1999年・糸巻きボール)、当時は大人気のボールでしたが、1999年、尾崎直道プロがソリッドボールで日本オープンを制しました。その後、糸巻きボールは静かにフェードアウトしていくのです。時代の移り変わりですね。

過去のホールインワンボール

フェニックスカントリークラブで初ホールインワンをされた時の証明書。
2020年2月から3回のホールインワンボールはタイトリスト・PRO V1とAVX 新しさが際立っています。